「危機管理産業展 RISCON 2018」に出展 (10月10日~12日)

合同会社PDジャパン(所在地:長野市、代表(CEO):相阪 国広)は、自然災害による長時間の「停電対策」に有効な、防災対応型のパワーストレージ『MSD-BOX』を、東京ビッグサイトで行われる「危機管理産業展 RISCON 2018」(10月10日~12日)に、開発元となるイシダ事務機株式会社(所在地:長野市、代表取締役:小山 政通)と共同出展いたします。


 

■出展内容

今回、展示会に出展する機種は、最上位モデルの「ストロングシリーズ(耐震・対EMPモデル)」と「スタンダードモデル(BCP対応モデル)」の2機種。当日は、製品説明に加え、被災者となった受験生の体験セミナーや、模擬停電による製品の実演を予定しています。

<「危機管理産業展 RISCON2018」概要>

国内最大級の防災・減災、セキュリティ、事業リスク対策などに関連するトレードショー

展示場所     : 西1事業リスク対策ゾーン(病院・学校のリスク対策)

小間番号     :1J36

開催期間     : 2018年10月10日(水)~12日(金)の3日間 10:00~17:00

開催場所     : 東京ビッグサイト 西1・2

展示会ホームページ: http://www.kikikanri.biz/

※ 「テロ対策特殊装備展(SEECAT) 2018」(小間番号:2R12にて同時出展)

※ 来場のお申し込みは上記Webにて受付中