世界基準の耐EMP性能

核電磁パルス攻撃に加え、地球上で観測されるすべての落雷に有効

先進国でありながら法的整備が遅れている我が国は、落雷や電磁パルス、雷サージ(EMP)から電子システム機器を防御することは困難であり、世界基準に照らし合わせるとその対策は脆弱です。

 

誘導雷はもとより、直撃雷を受けても発火せず過電流を遮断するSPDを搭載することで、二次側機器を守りながらも、安全に稼働させることができる、国内唯一の連続給電システムがMSD-BOX 「EMPシリーズ」です。

 

 

世界基準のSPD(避雷器=過電圧制限器)

MSD-BOXに搭載されているSPD-01は、UL1449 Type2の認証を受けている世界シェア99.99%のサージ防護機器です。直撃雷を受けても、自ら発火することなく大電流をブロックします。また、システム内で開閉時(スイッチの入切)により常時発生している「小さな雷サージ(ノイズ)」も吸収することが可能ですので、機器の安定化と長寿命化に貢献し高信頼性の向上を実現します。

 

 

SPD-01 製品ホームページ:http://sdb-kaminari.com/company/spd01.html

※ 写真のSPD-01搭載モデルはEMPシリーズです。