「UL認証」という品質

 

 

UL認証とは?

アメリカ保険業者安全試験所が策定する「製品安全規格」です。UL認証が極めて信頼性が高いとされる理由は、安全規定の基準が「実態の消費現場」にある点です。

その評価基準は「機能と安全性」に言及され、規格基準には評価方法、試験条件も付加されています。

「客観的に有効であり安全であること」が要求されているため、材料、装置、部品、道具類から製品そのものの機能にわたる、厳格な試験に合格しないと認定は受けられません。

また、100カ国以上からの安全情報を基に、基準は随時更新され最新の安全性が追及されます。

よって、製造者は新たな基準に適応した改良開発を行わなくてはなりませんが、一方で消費者はUL認証製品を選択することで「世界最高水準の安全性」を手にすることが出来るのです。

 

既に欧米各国では、あらゆる電気製品からケーブルまでがUL認証を取得しており、公共事業には認定品を義務付ける州もあるほどです。

UL認証が「世界で最も安全性と信頼性を担保している」とされる裏付けは、技術基準が明確であることが、他の規格と一線を隔しています。よって、欧米の保険業者はUL認証製品に対する第三者評価は不要としており、保険金の支払いに対し寛容です。

保険会社が支払いを拒めないレベルの安全性と信頼性を備えている点からも、わが国の工業規格とは全く性質も意味合いも違うのです。